副作用が少ない

薬がんの治療には強い副作用がつきもの、という印象を持つ方は少なくありません。テレビのドラマや映画などでもそうした部分が強調されていますし、どうしてもがん治療イコール強い副作用という図式を思い描いてしまう方は多いのです。

実際、ガン治療の代表格でもある放射線治療では強い副作用を生じてしまうことがありますし、薬物投与による化学治療でも同様に強い副作用を生じてしまうことが少なくありません。副作用があまりにも強すぎて進行がんや末期がんなどの場合には逆に命を縮めてしまうこともあるくらいです。

NK細胞療法の特徴の一つとして副作用が少ないことが挙げられます。副作用がない免疫療法とも言われていますし、だからこそ注目を集めているのです。がん治療において副作用はもっとも気になるものですし、そこが気になって治療に二の足を踏んでしまう方は少なくありません。ツライ治療に耐えることができるかどうか不安になってしまう方は多いですし、治療をしたくないと考える方もいます。しかし、NK細胞療法なら副作用がほとんどありませんし、安心して治療を受けることができるのです。がんに苦しんでいる方にとってこれほど夢のような治療法はないでしょう。


≪関連記事≫