NK細胞療法の基礎

がん細胞NK細胞療法と聞いても多くの方はピンとこないでしょうし、どんな治療法なのかについてもまったくご存知ないかもしれません。もしかするとNK細胞という名前すら聞いたことがないという方がほとんどかもしれませんが、実はNK細胞そのものはかなり以前に発見されています。1970年にナチュラルキラー細胞、すなわちNK細胞が発見されていますし、そこからがん治療に効果的な治療法の研究が進められてきたのです。比較的新しいがんの治療法だと思っていた方も多いでしょうが、NK細胞療法は割と以前から研究が進められてきた治療法と言えます

ナチュラルキラー細胞は悪性腫瘍細胞を攻撃するという特徴がありますから、それゆえにこの細胞を用いた治療に注目が集まっています。NK細胞療法は免疫治療法の一種ですしガンにおける第四の治療法として期待が集まっています。

低下した免疫力を高め体内に侵入したウイルスや主要などを排除するという治療法となります。先ほどお話したようにナチュラルキラー細胞は悪性腫瘍細胞に対して攻撃するという特徴を持っていますから、この細胞の数を増やしてあげることで体内に存在する悪性腫瘍細胞にダメージを与えることが可能になるのです。


≪関連記事≫