得られる効果

医師と相談
画像引用 [NK細胞療法【がんのクリニック】]

NK細胞療法はがんを治療する方法の一つですから、得られる効果としてはガンを克服する効果が期待できます。というよりもそのために行う治療ですからこれは当然のことでしょう。ナチュラルキラー細胞はがん細胞にダメージを与えるという特徴がありますから、体内に存在するナチュラルキラー細胞を増やしてあげることでがんを克服することが可能となります。しかも、治療による副作用はほとんどないのですから体に大きな負担を与えることなく治療を進めていくことができるのも大きなメリットと言えるでしょう。

治療がどのように進められるのかですが、基本的にこの治療では患者から血液を採取します。だいたい50ccほどの血液を採取し、それを科学的な培養技術によって活性化させていきます。こうすることによってナチュラルキラー細胞の数を劇的に増やすことが可能となります。数億から数十億のナチュラルキラー細胞を増殖させ、それを生理食塩水に溶かした状態で体内に戻すといった治療が行われます。

三ヶ月のあいだにだいたい6回ほどの投与を行うのが1クールとなり、患者の状況を見ながら治療を進めていきます。これがNK細胞療法でえられる効果と大まかな治療の流れです。


≪関連記事≫